5分でわかる「体臭の原因」

体臭の原因

肌が不潔な状態

人の肌は毎日細胞分裂を繰り返して、古くなった部分は垢という形で取り除かれます。
その取り除かれる瞬間は主に毎日のシャワーや入浴の時になるため、当然お風呂に入らなければ肌の汚れは蓄積されてしまいます。
肌の垢は雑菌のエサになってしまうので、垢だらけの汚れた肌は増殖に好都合なのです。

増殖した雑菌からは不快な臭いが放たれるので、それが体臭の原因となります。
入浴は基本的に毎日行い、体の汚れを落とせば体臭も軽減されるでしょう。

寒い時期はあまり発汗しないので体臭も弱くなりますが、夏は大量に発汗する影響で臭くなりがちです。
汗の中に含まれるミネラルは雑菌のエサになってしまうので、短時間で増殖して体臭が強くなります。

そのため、夏は毎日入浴をしても日中に嫌な体臭が発生しがちです。
体臭を目立たなくするスプレーなどの使用も効果的ですが、汗をこまめに拭き取ることも大切です。

雑菌の増殖は一瞬で爆発的に増えるのではなく、時間の経過と共に増えます。
雑菌が増える前に汗を拭けば、増殖しにくい環境になるのでより効果的です。

食生活の乱れ

食生活が乱れると体臭が強くなります。
バランス良く食べるのがベストですが、特に肉食が増えてしまうのが好ましくありません。
少量の肉食はむしろ生きる為に欠かせませんが、毎食のように肉を食べるような生活は不適切です。
肉には多くの脂があるので、その脂が皮脂の増加に繋がってしまいます。

分泌された皮脂は時間の経過と共に酸化するため、その時に悪臭となって放たれるのです。
特に頭皮の嫌な臭いはこの皮脂の酸化が大きく影響しています。

便秘

便秘も体臭と無関係ではありません。
便秘の時は腸の動きも少なくなり、便はもちろんガスの排出も滞ります。

肛門から出る物が出せないとなると、便から発生したガスは腸に吸収されて体中を巡ってしまうのです。
毒素が体中を巡るようなもので、ツンとした嫌な体臭が強くなります。

ひどい場合は便のような体臭になってしまうこともあります。
便秘の解消は容易ではありませんが、規則正しい生活で排便を促せば体臭も弱くなります。

体臭の原因を探る

体臭の原因と言っても、それは一つではなく複数あります。
複雑だからこそ悩みも深くなりますが、そこには必ず原因があるはずです。

自身の生活を見直してみて、好ましくない部分を一つ一つ改善することが体臭改善の第一歩と言えます。
特に食生活の改善や便秘の解消は一筋縄ではいかず時間もかかりますが、しっかりと計画して取り組みましょう。

タイトルとURLをコピーしました