40代になる出てくる、不快な体臭の原因とは

体臭の原因

年齢と共に生じる不快な体臭の原因

体臭は汗や垢などが主な発生源であり、誰にでも生じる可能性があります。
しかし、同じ体臭でも年齢によって性質が大きく異なる点には注意しなければいけません。

若い人から出る体臭は汗や垢など表皮の汚れが原因のため、体を綺麗に洗浄することで取り除くことができます。
しかし、年齢を重ねた中高年世代、特に40代くらいの人は一般的な汗臭さとは異なる体臭が生じるようになります。

年齢を重ねることで生じる特有の体臭は、皮脂に含まれるヘキサデセン酸が表皮に付着している雑菌に分解されて発生するのが特徴です。
この体臭はノネナールと呼ばれていますが、平均して30代から40代の年齢層に最も多く生じます。

それより若い年代の人にはほとんど発生しませんが、体質によっては例外もあります。

不快な体臭への対処法と注意点について

年齢と共に強くなる不快な体臭を防ぐには体質の改善が最も効果的な方法です。
ノネナールの発生源であるヘキサデセン酸は体から分泌される皮脂に含まれていることから、皮脂の量を減らすことが重要になります。

皮脂の分泌量は脂肪の摂取量に比例するため、食事のメニューを見直すのが効果的です。
脂肪分を多く含む加工食品は避ける他、植物性のたんぱく質を摂るのも皮脂の分泌量を減らす良い方法です。

肥満の人ほど皮脂の分泌量が増える傾向があるため、適度な運動を続けて体脂肪率を下げるのも体臭の抑制に繋がります。
飲酒や喫煙、夜更かしなどの悪習も肥満を誘発するので注意が必要です。

体質の改善は根本的な対処法である反面、効果が得られるまで時間がかかるのが欠点です。

即効性のある対処法としてはこまめな入浴や衣類の洗濯、匂い消しの効果がある薬剤の使用があります。
皮脂や表皮の雑菌を洗い流す入浴は体臭の発生を防ぐ他、体を清潔に保つ効果もあるので毎日続けるのが最善です。

衣類の洗濯についても同様であり、見た目は綺麗でも汗や皮脂が付着しているとそこから臭くなるので注意が必要です。
防臭効果があるスプレーなどの薬剤はすぐに効果が出るのが利点ですが、その一方で一時的なものであることは理解して使用した方が良いでしょう。

毎日の暮らしの中で対策を講じるのが体臭予防の決め手

年齢と共に不快な体臭が出てくるのは仕方がない面もありますが、それでも毎日の暮らしの中で適切に対処すれば一定の効果を得ることは可能です。

体臭の原因を特定し、生活上の問題点を解消することで嫌な臭気を解消させることができます。
正しい知識に基づいた体調管理を行うと共に、清潔な状態を保つことが体臭予防に繋がりますから是非実践してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました