保存版!40代体臭が気になる人の体の正しい洗い方

体臭の改善方法

40代の体臭対策は洗い方で決まる

30代後半から40代にかけて男性の体臭は、若い頃から比べると明らかに変化していきます。
ジアセチルという成分と酸化した皮脂が合わさったことが原因で、その臭いはかなり強烈です。

ジアセチルというのは、汗の中の乳酸がブドウ球菌へと分解された時に発生するもので、少しの量なら気になりませんが量が多くなってくると臭いがきつくなってしまうのが特徴です。
そして、この臭いは疲労やストレスと大いに関係があります。

人間の体というのは疲労してくると乳酸という物質を出します。
働き盛りの40代の男性が特に臭うのは、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積してくる年代だからです。

働き盛りこそ自然と体臭がきつくなってしまいます。
そして、この臭いは女性が特に嫌う臭いです。

職場の人間関係を円滑にする為にも、普段から汗の対策をすることが大切です。
そして、その対策には体を洗うことが最善の方法と言えます。

体を洗うことが対策になる理由

体臭対策に体を洗うことが必要な理由は、汗に含まれる皮脂やタンパク質などの成分を分解する細菌と関係しています。
この細菌には皮脂膜などを餌にしている表皮ブドウ球菌と雑菌であるジフテロイド菌とに分かれます。

このジフテロイド菌というのが臭いの元になっています。
健康な皮膚なら表皮ブドウ球菌が多いので体臭を感じることはほとんどありませんが、皮膚の健康状態のバランスが崩れると悪臭の元となるジフテロイド菌が増えてしまいます。

悪臭を減らす為には体を洗うことが大切になるのです。

正しい体の洗い方

体臭対策で体を洗う場合は、その洗い方も大切になってきます。
体臭対策というと、石鹸をつけて体をゴシゴシと洗うイメージがあるかもしれませんが、それは違います。

実は体を強くこすることは逆に悪臭を増やしてしまうのです。
その理由は、肌の表面についている表皮ブドウ球菌と皮脂膜も一緒に洗い流してしまうからです。

肌を守る物質を洗い流してしまうと逆に雑菌が増えてしまい、結果的に悪臭を発生させてしまいます。
また、熱すぎるお湯も皮脂を洗い流してしまうので注意が必要です。

体をあらう時には、先に40度前後のお湯で体の表面を簡単に流しましょう。

それから、タオルなどは使わずに手のひらに石鹸をつけて体の表面を撫でるように洗います。
なぜ手のひらなのかというと、タオルなどを使うと肌に負担をかけてしまうからです。

体臭対策には肌に負担をかけないのが最も大切なことです。

洗い方を変えるだけで体臭対策は十分可能です。

体を洗うことは体臭対策の基本

体臭が気になってきたら、まずは体を洗うことが基本です。
ですが、ただ洗えば良いという訳ではありません。

洗い方によっては、逆に体臭を強くする原因になってしまったり、肌を傷める可能性もあります。
体臭対策で体を洗う時には、正しい洗い方を実践することが必要です。

正しく体を洗うことは、体臭対策の基本中の基本と言えます。

タイトルとURLをコピーしました